トップ

敏感肌と汗の関係

敏感肌は汗でかゆくなる

敏感肌は汗でかゆくなる人が多い

これから暑くなってくる季節、汗をかきやすい体質のために憂鬱な気分になってしまう女性は多いのです。「あまり顔に汗をかかない女性がうらやましい!」と、顔が汗をかきやすくて、さらに汗をかいた後はかゆくなってしまう肌のトラブルは、特に毎日の通勤の大きな悩みです!特にあまり肌の強くない敏感肌の持ち主ならその悩みは深刻です。

敏感肌化粧品をお探しならこちらで正しい情報を手に入れましょう。

普通肌の人でもそうなのですが、特に敏感肌の人は汗によってかゆくなってしまう・じんましんや発疹ができてしまう・かぶれるという症状がでてしまう人が非常に多いのです。その原因は汗で皮膚上の菌のバランスが崩れることにあるといわれています。

具体的には、汗をかいて皮脂が肌に付くと時間とともにその皮脂は空気に触れて酸化します。簡単に言うと、アルカリ性の汗が流れることによって皮膚もアルカリ性に傾いて、皮膚上の菌のバランスが崩れます。細菌が繁殖しやすくなってかゆみが出やすく、その結果ついつい手で触ることが多くなってしまうこともさらにかゆみを強めることになってしまいます。

肌は基本的に弱酸性が保たれてこそ健康な状態ですが、それが汗によってアルカリ性に傾くと、かゆみを感じたり刺激になるのです。また、汗が蒸発するときに皮膚の水分も多量に奪われます。その結果、さらに肌が敏感になり、ピリピリとした刺激やかゆみが生じてしまうようになるのです。

このような汗によって肌のかゆみが増進する状況を防ぐ方法としては、アルカリ性に傾いてしまった肌をもとの弱酸性の状態に戻すことが肝要です。ほどよくクリームなどを利用して皮脂成分を補うことで改善が見込めます。また発汗を押さえるツボ押しなど、次からさらに具体的な対処方法をご紹介します。